士業のホームページ制作会社【失敗しない選び方とおすすめ3社】

士業のホームページ制作ホームページの作成方法

こんな疑問に答えます。

  • ホームページの制作会社選びで失敗したくない。
  • 制作会社は何を基準に選べばいいか分からない。
  • おすすめの制作会社が知りたい。

ホームページ制作会社は「士業に強い」で限定してもかなりの数があります。そしてホームページ制作会社の質はピンキリで下手に選ぶと費用に見合った集客効果が得られません。

そこでこの記事では、ホームページ制作会社を選ぶ時に確認するポイントから、おすすめポイント別の制作会社3社を紹介しています。

この記事を読めば、制作会社の失敗しない選び方と士業のホームページ制作に強い制作会社が分かります。

事前に決めておくこと

制作会社に電話やメール問い合わせをする前に、以下のポイントについてはある程度考えておくことをおすすめします。

事前に決めておくこと
  • 目的:集客目的なら、どの業務を狙っていくのか。
  • 予算:具体的な予算の上限を決めておく。
  • 規模:依頼するホームページのボリューム。
  • 納期:いつまでに完成させてほしいのかを具体的に。

予算や納期はあくまで目安ですが、何も決めずに話を進めると制作会社の言いなりになりかねません。予算・納期の譲れないラインぐらいは決めておきましょう。

また、予算は通常制作してもらうホームページのボリューム(記事の数)に比例します。SEO対策も含めて割とがっつりホームページを作ってもらうのか、最小限のホームページでいいのか等、依頼するホームページのボリュームはある程度考えておきましょう。

ホームページ制作会社の失敗しない選び方

制作会社を選ぶ場合、次のポイントを意識して話を進めてください。

担当者との相性を確認する

依頼後に担当してくれる制作会社の担当者は重要です。しっかり仕事をしてくれそうな人かは事前にチェックしておきましょう。

制作会社の担当者もピンキリです。SEO対策やマーケティングに精通している担当者もいれば、同じ会社でも入社して間もない担当者もいます。ホームページ制作は担当者が最重要ですから、特に念入りに見きわめましょう。

担当者の見きわめポイント
  • 専門用語を使わず、自分に合わせたレベルで説明してくれるか。
  • 担当者自身に経験や実績はあるか。
  • やる気・熱意は感じられるか。

制作会社によっては、営業担当と依頼後の担当が違う場合があります。依頼後に違う担当者になるかは事前に確認しておいた方がいいでしょう。依頼後に違う担当になる場合は、可能であればその担当とも会うのがベストです。

実績と得意分野を確認する

ホームページ制作会社によって実績や得意分野が違います。特に士業事務所のホームページ制作実績はしっかりと確認しましょう。

実際に制作したホームページからの集客状況やグーグルでの検索順位など、具体的な話を聞くようにしてください。

制作会社のホームページに実績や得意分野が書かれているかチェックしたり、担当者に直接聞くなどして確認しましょう。

グーグルで検索してみる

「士業 ホームページ制作」などで検索して、上位表示されないホームページ制作会社は除外しましょう。自社のホームページのSEO対策も満足にできていない制作会社は論外です。特に、SEO対策も含めてがっつり制作を依頼する場合は重要ポイントです。

ちなみにこの記事で紹介する「おすすめ3社」は、「士業 ホームページ制作」で検索して上位表示される会社ばかりですから、この点は安心してください。

士業に強いホームページ制作会社【おすすめ3社】

ホームページ制作会社の「強み」ごとに3社おすすめの制作会社をピックアップしています。

低予算でおすすめ

あきばれホームページの1番の強みは「低予算でのホームページ制作」です。初期費用59,800円(税別)と月額費用4,900円(税別)でホームページの制作が可能です。初めに5ページを制作してくれ、後は自分で記事を書いていく流れになります。士業に強いコンサルもつきますし、とりあえず事務所のホームページを持ちたい場合はおすすめです。

あきばれホームページ

SEO力でおすすめ

サムライラボの1番の強みは「SEO力とマーケティング力に強い」ことです。ホームページから集客するための情報収集・分析・SEO対策に力を入れている制作会社です。また、初期制作ページ数による料金プランが複数あり、予算に合ったホームページ制作が可能です。価格とホームページの作り込みのバランスがいい点がおすすめです。

サムライラボ

デザイン力でおすすめ

エムハンドの1番の強みは「他社には真似できないデザイン力」です。その証拠に、エムハンドのホームページ自体がお洒落なデザインで作られています。また、制作実績や顧客満足度にも優れていますが、料金設定はそれなりの価格です。ある程度の予算をかけて、がっつりホームページ運用を考えている士業事務所にはおすすめです。

エムハンド

【無料】迷ったら一括見積もりで選んでみる

ホームページ制作.jp

ホームページ制作会社を選ぶ場合は「相見積もり」をとることをおすすめしますが、そんな場合に一括見積もりができる便利なサービスがあります。

ホームページ制作.jp」は、全国の優良なホームページ制作会社から一括見積もりが できるサービスです。

事前にホームページ制作.jpの担当者がヒアリングしてくれます。そしてヒアリングから希望条件に合う制作会社をピックアップ後、一括見積もりをしてくれるという流れです。

1社づつ見積もり依頼をする手間が省け、見積もり会社への断り連絡も代行してくれる点が便利です。まずは料金の相場感を知りたいという方におすすめです。

ホームページ制作.jp

自分でもできる!士業向けSEO対策

ホームページ制作を制作会社に依頼する場合も自分で作る場合もSEO対策は重要です。以下の記事では士業事務所向けに特化したSEO対策について解説していますので、よろしければご覧ください。

≫【集客に効く士業SEO】グーグル上位表示を狙う初心者向け基本対策

まとめ:小規模サイトなら自作もあり【簡単です】

士業事務所のホームページ制作会社を選ぶ場合、制作を依頼するホームページのボリューム(記事数)と価格、制作後のアフターフォロー等で比較して決める必要があります。

そこそこ費用をかけて割とがっつりホームページを作り込んでもらう場合は制作会社に依頼する選択肢もありですが、小規模のホームページ制作を依頼するぐらいなら自分で作るという選択肢もありです。

小規模のホームページの例
  • WordPress(ワードプレス)で作る。
  • 制作会社が最初に作ってくれる記事数が5〜10ぐらい。
  • 新しいコンテンツ(記事)の投稿は自分で行う。

上記のような小規模のホームページでも制作会社に依頼すると15万円〜20万円程度の費用が必要です。ぶっちゃけこの程度のホームページであれば今は初心者でも簡単に作れます。

フロントページ・事務所概要・料金表・お問い合わせページの設置ぐらいはエクセルやワードを使ったことのある人であれば簡単に作れます。「ホームページを自作する」に興味がある方は以下の記事を参考にしてください。

また、ホームページの自作方法として、0円で使える自作ツールで作る方法もあります。ホームページの0円自作ツールには「Jimdo」や「ペライチ」といったサービスがありますが、0円で使える反面デメリットもあります。

0円自作ツールのメリットやデメリット、おすすめのホームページ0円自作ツールについては以下の記事が参考になります。

≫【士業のホームページ】0円自作ツールのメリットとデメリット比較

タイトルとURLをコピーしました