【簡単】士業のホームページを自作する方法【1日で完了】

士業のホームページ自作ホームページの作成方法

以下の疑問に答えます。

  • ホームページを自分で作る具体的な手順が知りたい。
  • 自分で作れるのか少し不安・・・。
  • できれば費用をかけずに作りたい。

事務所のホームページを自分で作りたいと思っても、具体的な手順や必要なモノが分からず結局は高い費用を払ってホームページの制作会社に制作を依頼するというケースが多いです。

私は2年前に「事務所のホームページ」を自作しました。ホームページを作る知識や経験は全くありませんでしたが、「ワードプレス」というホームページ自作ツールを使って、簡単に事務所のホームページを作ることができました。

そこでこの記事では、初心者でも簡単にホームページを作れる具体的な手順について4ステップにまとめて解説します。

この記事を読めば、ホームページを作る知識が全くない人でも簡単に事務所のホームページを完成させることができます。

全く費用をかけずに作れるの?

事務所のホームページを、まったく費用をかけずに作ることは可能です。

例えば、ホームページ作成ツールである「ペライチ」や「Jimdo」を使う方法です。もう1つは、「はてなブログ」や「ライブドアブログ」といったブログを使う方法です。

ただし、費用をかけずにホームページやブログを作ることができるサービスには以下のようなデメリットがあります。

デメリット
  • ホームページ上に広告が表示される。
  • 使用できる機能に制限がある。
  • サービス自体が終了する可能性がある。

ホームページ上に広告が表示される点とサービス自体が終了した時のリスクを考えて、当事務所では費用がいらないホームページ自作ツールを使わないという選択をしました。

特にサービス自体が終了した場合、それまでに作り込んだホームページが無くなってしまうというリスクがあるため、長期運営する士業の事務所のホームページとしては不向きだと考えての判断です。

当事務所のホームページ」や、今見ていただいているホームページも、この記事で紹介する方法で作っています。

この記事では詳しくふれていませんが、「ペライチ」や「Jimdo」といった費用がいらないホームページ自作ツールのメリットやデメリット、おすすめの自作ツールについては以下の記事でまとめています。

【士業のホームページ】費用がいらない自作ツールのメリットとデメリット比較

ホームページを自作するために必要なもの

ホームページを自作するために必要なものは、「レンタルサーバー」「独自ドメイン」「ワードプレス」「テーマ」の4つです。念のため、この4つを知らない方向けに簡単に説明をしておきます。(※既にご存知の方はこの部分は読み飛ばしてください

レンタルサーバー

レンタルサーバーは、作ったホームページを保管しておく「場所」のことです。自分でホームページの保管場所をネット上に作ることは素人にはできませんので、レンタルサーバーを提供している会社からホームページの保管場所を借りるというイメージです。

この記事では「エックスサーバー」というレンタルサーバーを紹介しています。(※当事務所のホームページもエックスサーバーを契約して自作しています。

エックスサーバーを紹介する理由は当事務所で使っているからですが、エックスサーバーはレンタルサーバー業界の最大手でもあり、安心してホームページ運営ができます。その他の特徴としては以下の通りです。

【エックスサーバー】おすすめポイント
  • 国内シェアNO.1
  • サーバー速度NO.1
  • 安定したサーバー環境
  • セキュリティ面も安心。
  • 24時間365日のサポート

他にもありますが、とにかくメジャーなレンタルサーバー会社です。導入も簡単なので初心者が迷ったらエックスサーバーで全く問題ないと思います。

独自ドメイン

独自ドメインは、ホームページの保管場所(レンタルサーバー)へたどり着くための「住所」のようなものです。自分のホームページに独自ドメインという「目印」を貼り付けるイメージです。

よく見る「https://○○○○.com」のようなURLの、「○○○○.com」の部分が独自ドメインです。

WordPress(ワードプレス)

ワードプレス

ワードプレスは、「簡単にホームページが作れるソフト」です。昔はホームページを作る際に「CSSやHTML」といったコンピューター言語の知識が必要でしたが、今はワードプレスという超簡単ホームページ自作ソフトがあります。

普段仕事で使っている「エクセルやワード」と似たような操作でホームページを作ることができます。

テーマ

Cocoon

テーマは、ホームページをデザインする「テンプレート」のようなものです。無料のものと有料のものがありますが、この記事で紹介する無料の「Cocoon(コクーン)」というテーマで十分だと思います。有料級の性能で、利用者も多いのが特徴です。

ホームページを自作する具体的な手順

次に、ホームページを自作する具体的な手順を解説します。作成手順は4ステップで次の画像の通りです。

ホームページの自作方法

ホームページ自作に必要な費用

次からで説明するホームページ自作に必要な費用の一覧です。(※キャンペーン等の影響で費用は多少上下する場合があります。

エックスサーバー1年間16,500円
独自ドメイン1年間825円
WordPress(ワードプレス)無料
テーマ(Cocoon)無料
合計1年間17,325円

年間17,000円程度の費用は必要ですが、ホームページ制作会社に依頼する費用を考えると微々たる費用です。しかも初めてホームページを作る方でも簡単に作れます。

※2020年11月5日までエックスサーバーでキャンペーンをしており、上記費用より安い費用で契約可能です。

※もし、ホームページ制作会社も検討している場合は、下記の記事で「一括見積もりが簡単にできるサービス」も紹介しています。ご興味があればご覧ください。

≫士業のホームページ制作会社【失敗しない選び方とおすすめ3社】

ホームページ自作手順

【手順1】まずは「エックスサーバー」にアクセスして登録を行います。エックスサーバーの登録は以下の公式サイトから手続きできます。

エックスサーバー

【手順2】独自ドメインを取得・設定する

【手順3】ワードプレスをインストールする

手順1「エックスサーバー」の登録〜手順3「ワードプレスをインストールする」の詳細は、下記の記事で紹介されていますので参考にしてください。

参考:「エックスサーバー独自ドメイン取得&WordPressインストール方法

【手順4】Cocoonをインストールする

最後に「Cocoon」をWordPresssにインストールして完了です。インストール方法は「公式サイト」でわかりやすく説明されています。

ホームページ自作の後はSEO対策も!

ホームページが完成した後は、SEO対策を意識しながらホームページを作りこんでください。SEO対策が上手くできればホームページからの集客も可能になります。

士業事務所向けに特化したSEO対策については以下の記事で解説しています。

≫【集客に効く士業SEO】グーグル上位表示を狙う初心者向け基本対策

まとめ

当事務所もエックスサーバーとWordPressを使ってホームページを運営していますが、今のところ言うことなしです。一月換算約1,500円程度で事務所のホームページが運営できますし、初心者でも簡単に作れますので、ぜひ良いホームページ作りにチャレンジしてください。

エックスサーバー
タイトルとURLをコピーしました